キーボードを新調しました。

久々にキーボードを新しいものに変えました。


サンワサプライのSKB-WL22BK


ワイヤレスでとてもコンパクトなキーボードです。


そして、このキーボード、なんと、


立つんです!(笑)

直立不動です。

微動だにしません!

まあ、どの程度需要があるか分かりませんが、使わないときは立てておけるので机の上を広く使えそうです。



そして、実は驚くべき機能がまだあるんです!


それは、なんと、まさかの充電式!

電池じゃないんです!

もう電池なんて時代遅れです!

そう、これからは充電式ですよ!奥さん!(笑)


どうやらリチウムイオン電池が内蔵されているらしく、
一回の充電で、約180時間の連続使用ができるとのことです。


しかし、その内蔵バッテリー、寿命を迎えたらどうなるんすかね?

気になった私はビ○クカ○ラの店員に聞いてみました。


すると・・・


店員「終わりです」


ガーン!

やはりそうなのか!?

ごめんなさい。ウソです。
実際は、内蔵のバッテリーを交換すればいけるらしいとのこと。

ただ、部品交換となると結構お金かかると思うんですよね。
下手すると本体の値段より高くなるかもしれないですよね。
ということは実質終了ですよね。
まあ、5年ぐらいはもってほしいです。


大きさは、幅が345mm、奥行きが115mmです。


これまで使っていたバッファローのBSKBC01と比べるとこんな感じです。
だいぶコンパクトになりました。

キーの打感は、BSKBC01に結構近いです。
同じパンタグラフ式なんですが、BSKBC01より若干反発力が強い感じです。
でも、自分としては結構好きな打感です。



高さは、こんな感じです。


裏側には、レシーバーを収納できるようになっています。
これで持ち運ぶ際に紛失の心配はありませんね。


ちなみにこのキーボード、Linuxでもちゃんと動きました。
実は、買うときにこれが一番心配だったんですが、問題なく動いてよかったです。






スポンサーリンク