ピロリ達の沈黙 - 最終章

この前、一年ぶりに胃カメラ検査を受けてきました。

ピロリ菌の再除菌のためです。

当日は、朝9ごろ病院に行き、30分ぐらいすると看護師に呼ばれました。
検査の同意書にサインし、さっそくベッドに寝かされます。

最初に喉の麻酔のためにゼリー状の液体を口に含み5分ぐらい待ちます。
その間、飲み込まないようにじっとしていなければならなく、もうこの時点で憂鬱な気分になってきます。

5分経ち、ゼリーを飲み込み、次に鎮静剤の点滴を打ちます。
昨年、鎮静剤が全然効かなかったので、今回は量を倍にしてくれました。

そして、マウスピースを口にはめ、いよいよ拷問、いや検査の開始です。

先生が胃カメラをゆっくり挿入していきます。

オェッ!オェッ!

苦しいー!(>_<)

全然鎮静剤が効いてねぇー!

昨年と一緒で意識がはっきりしたまま、覚醒状態で検査が進んでいきます。
途中、あんまり苦しいんで一旦止めてもらいました。

先生に口の中にチューブが当たるときに「オェッ!」となって苦しいと伝えると、スプレー式の麻酔を口の中に吹き付けてくれました。
すると今までの苦しさがかなり軽減され、楽に検査が受けられるようになりました。


検査終了後、1時間ほど別部屋のベッドで休憩したあと検査結果を教えてくれました。

「えーと・・・、陰性です。」

「えっ!?」

「ピロリ菌いません。」

「えっ!?」


どういうこと!?

先生によると、昨年の除菌がうまくいってたようだということらしいです。

えーー、去年除菌失敗したって言ってたじゃーん。

だいぶ遅れて除菌の効果が表れたみたいなんですが、そんなことってあるんですかね。なんかにわかには信じがたいですが、とりあえずまた除菌の薬を飲まなくていいと考えるとなんだかうれしくなってきました。

ただ、かなり胃が炎症を起こしているということなので、年に一回は胃カメラ検査を受けたほうがいいとのこと。まあ、今回スプレー式の麻酔でだいぶ楽に受けられたので、来年もそのやり方でやってもらおうと思います。


あと最後に、胃カメラで撮った写真をくれたんでご紹介します。


ちょっとグロい映像なのでモザイクかけときました。
ほんとに炎症起こしているのがはっきりわかります。





comments powered by Disqus