【サクラエディタ】PPAマクロを使ってみる



サクラエディタでは、PPAマクロというものが使えるということで今日試してみました。

まず、PPAマクロを使うためにはPPA.DLLが必要ですので、下記のサイトからダウンロードしてきます。

http://ht-deko.com/junkbox.html#PPA


PPA_124.LZHというのをダウンロードしてください。

こちらのほうにDLLが入っています。

ダウンロードした「ppa_124.lzh」を解凍すると中に「DLL」というフォルダがあります。


このDLLフォルダ内にある「Ppa.dll」をサクラエディタのインストール先のフォルダに入れてあげます。






通常、サクラエディタのインストール先は「C:\Program Files (x86)\sakura」だと思いますので、ここに「Ppa.dll」を入れます。

これでとりあえずPPAマクロの環境は整いました。

あとはマクロを作って実行するだけです。

今回試しに下記のようなマクロを作ってみました。

「get_selected_string.ppa」
// 全て選択
S_SelectAll();

// 選択された文字列をメッセージボックスに表示する
MessageBox(S_GetSelectedString(0), '選択中の文字列', 0);
全ての文字列を選択して、その選択した文字列をメッセージボックスに表示します。
あと、マクロファイルの拡張子はかならず「ppa」にしてください。そうしないとppaマクロとして認識してくれません。

実行例



メニューの[ツール]から[名前を指定してマクロを実行]で作成したマクロを指定して実行します。


このように全ての文字列が選択されメッセージボックスに表示されました。


<関連記事>
【サクラエディタ】置換マクロを使ってみた
【サクラエディタ】1から順番に数字を縦に出力するマクロ


スポンサーリンク



comments powered by Disqus