【Access】タイマー時イベントを使ってストップウォッチを作ってみる


Accessのフォームにはタイマー時イベントというものがあります。これを使うと一定間隔で処理を実行することが出来ます。

ここでは試しにストップウォッチを作ってみます。

まず、このようなフォームを作成します。
コントロールは、経過時間を表示するラベル(labelElapsedTime)、STARTボタン(buttonStart)、STOPボタン(buttonStop)です。

Private ElapsedTime As Long

Private Sub Form_Timer()

    ElapsedTime = ElapsedTime + 1

    '経過時間を表示
    Me.labelElapsedTime.Caption = CStr(ElapsedTime)
    
End Sub

Private Sub buttonStart_Click()
    
    Me.labelElapsedTime.Caption = 0
    ElapsedTime = 0

    'タイマ間隔を1000(1秒)にする
    Me.TimerInterval = 1000

End Sub

Private Sub buttonStop_Click()

    'タイマ間隔を0にする
    Me.TimerInterval = 0

End Sub
まず、STARTボタンのクリックイベントプロシージャでTimerInterval=1000(単位はミリ秒)にします。そうするとタイマーが1秒間隔で動き出します。ちなみにタイマーイベントでの最初の処理は、TimerIntervalで指定した時間が経過したのちです。

そして、STOPボタンでTimerInterval=0にするとタイマーイベントが停止します。

実行するとこのようになります。









comments powered by Disqus